こまきねポンプの漢2人旅

写真撮る人と未来の宇宙飛行士の、世界一周日記ブログ。

世界遺産の話

ありがとうございます、石崎です。

 

7/2

今日はアンコール・ワットへ。

 

お金持ちのツアー客ではないので、自転車を2ドルで借りて、自力で漕いで行きました。

 

パッと見いい感じですよね。

f:id:komakinepump:20180704001617j:image

騙されてはいけません。サドルが鉄板より固いです。

 

僕らのケツは「マジでごめん。死ぬっす。」

と悲鳴を上げっぱなし。

 

結局立ち漕ぎしたり、タオルやガイドブックをケツに差し込んだり…。

 

何はともあれ到着。

f:id:komakinepump:20180704002019j:image

橋を渡って、
f:id:komakinepump:20180704002014j:image

正面。
f:id:komakinepump:20180704002024j:image

中を通り抜け、その先へ。

 

f:id:komakinepump:20180704005011j:image

圧巻。

 

f:id:komakinepump:20180704001706j:image

サルもいっぱいいる。

 

さぁ、どんどん探検していきましょう。

f:id:komakinepump:20180704002707j:image
f:id:komakinepump:20180704002656j:image
f:id:komakinepump:20180704002713j:image
f:id:komakinepump:20180704002723j:image

12世紀初頭に創建されたと言われています。

そして発見されたのはついこの前の150年前。

 

それまでずっとジャングルで眠っていたのです。

 

大昔の人達は、どんな神経でこれを作ろうと思ったのでしょうか。

 

世界で一番の寺を作ろうということで、その計画に賛同した一流の建築家達が世界中から集まって、アンコール・ワットが建てられたという説があるそうです。

 

ちなみに僕は完全に、何かしら地球外の要因だと思っています。

人間がこれ作れるとは思えないです。

 

そして神聖な場所として崇められてきたこの地は、とてつもないエネルギーに溢れていました。

 

f:id:komakinepump:20180704002651j:image
f:id:komakinepump:20180704002728j:image
f:id:komakinepump:20180704002645j:image

カンボジアの人たちにとって、アンコール・ワットは誇りであり、アイデンティティに大きく関わっています。


f:id:komakinepump:20180704002719j:image
f:id:komakinepump:20180704002701j:image

至る所に、デバターと呼ばれる女神像があります。

サロンと言う腰布などを身に纏い、綺麗な装飾が施されている像、そのサロンが無くて素っ裸みたいな格好のものや、歯を出して笑ってる像まで。

見れば見る程興味深い。

 

f:id:komakinepump:20180704003722j:image
f:id:komakinepump:20180704003700j:image
f:id:komakinepump:20180704003756j:image

僕というヒトが入ることによって、遺跡のスケールがだいたい分かるかと思います。

 

一日券しか買わず、ましてや宿を出たのが14時過ぎだったので、しぶしぶ次の遺跡へ。

7日券を買って通っても良いくらい見る所が本当に多いです。

 

アンコール・トムへ移動。
f:id:komakinepump:20180704003749j:image
f:id:komakinepump:20180704003706j:image

 

アンコール・トム内にある、宇宙の中心と呼ばれる遺跡イヨンへ。

僕は宇宙が好きなので、果たしてどんな所かとワクワクしていたら、ぶったまげました。

 

明らかにエネルギーが違う。

個人的には、アンコール・ワットよりもビリビリときました。

f:id:komakinepump:20180704005214j:image

f:id:komakinepump:20180704005254j:image

地球とは違う星の文明に僕は迷い込んだ感覚でした。

 

僕は第六感的なセンスが悪くないので、多分合ってます。

明らかに今の人類とは別のものです。

(超個人的見解)


f:id:komakinepump:20180704003714j:image
f:id:komakinepump:20180704003729j:image
f:id:komakinepump:20180704003739j:image

f:id:komakinepump:20180704005728j:image

パワースポットだなぁレベルじゃない。

観光地ってレベルじゃない。

 

人が入っていいのか?ってくらい奇妙な感覚でした。

普通に観光気分でバシャバシャ記念写真を撮っている外国人ばかりでしたけど。

 

見学は17:30までなので、これにて終了。

 

まだまだ見るべき遺跡は近くに沢山あります。

また来たいと思います。

 

カンボジアの人たちは優しくて、たとえ客引きでギャンギャン絡まれても、いつの間にか世間話しちゃってます。

英語の発音が終わってるので、たまに本当に何言ってるか分かりませんが。

カンボジア大好き。