こまきねポンプの漢2人旅

写真撮る人と未来の宇宙飛行士の、世界一周日記ブログ。

朝早いと1日長い話。

おはようございます、西畑です。

 

7月13日


バンコク着きました。

f:id:komakinepump:20180715000509j:image

朝5時半に到着し「さて、どうする」


本日は12時からお会いする方がいるので、待ち合わせ場所の最寄駅までひとまず向かう事に。


タクシー、電車を乗り継いで待ち合わせの場所まで。

f:id:komakinepump:20180715000553j:image


タイ料理には1ミリも関心を示さずに、やって来たのはマクド。

f:id:komakinepump:20180715000559j:image

お馴染みの味に舌鼓を打ち、パソコンをかちゃかちゃしていると12時なりました。


待ち合わせ場所。

f:id:komakinepump:20180715000622j:image

おお、、、

中には高級ブランド店が軒を連ね、確実に俺らが来る所じゃない。

緊張のあまり、とりあえずトイレで髭を剃りました。


どんな方とお会いしたかは、お仕事絡みなので今は書けませんが、はちゃめちゃに面白い方に会いました。


影響受けまくっちゃいます。

 


そして次に僕らが向かったのは

 

f:id:komakinepump:20180715000711j:image
病院です。大嫌いな病院です。猛暑と同じくらい嫌いな病院です。

予防接種を受けるために来ました。


刺された針は3発。

B型肝炎、腸チフス、髄膜炎。

どれもどんな病気か1ミリも知りませんが、罹るとなんだか大変らしいので予防します。


相談役みたいなお爺ちゃんがいたのですが、はっきり言って頼りになりません。

壁に"ここの地域で感染するリスクがある"って説明のある地図があって、それを指差しながら「ここと、ここと、あそこも行きます」って説明したんですよ。

それはそれはカラフルに塗られ、いろんな病気のリスクがある土地土地ですよ。

そんな僕の話を聞いてお爺ちゃんが出した決断が"インフルエンザのみ"でした。

いやいや話聞いてたか?インフルエンザは1番いらん。


結局祐太に相談して「B型肝炎と腸チフスと髄膜炎を打ってくれ」と言いました。

祐太が詳しくて助かりました。わざわざバンコクまできて1番必要ない注射だけ打たれて帰るところでした。

お爺ちゃんがした事は「この書類と判子で合ってるか?」と僕に確認する作業です。


f:id:komakinepump:20180715045359j:image


あと打つ人がタイ語で話しかけて来たので、もしかしたら「お前はこれからミュータントになるんだ!ふはははは!!」とか言ってたらどうしようと思ってしまい泣きそうでした。

 

まぁちゃんとした病院なのでミュータントになるはずもなく、僕らは病院を後に、ユニクロへと向かいました。

そこで何年かぶりにパンツを買いました。
中学ぐらいから履いている、ゴムヨレヨレのパンツをいつまでも履いていると気分も下がりますからね。

というか、ウチの爺ちゃんのパンツも間違えて持ってきてしまっていたのです。

3枚あるうち、2枚がヨレヨレで1枚が爺ちゃんのパンツ。そりゃ気分も下がる。

下手すれば日本で爺ちゃんはずっとノーパンの可能性だってあります。

全部新調しました。ごめんよ爺ちゃん。

 

それと今日の宿、マスコットホステル。

f:id:komakinepump:20180715044500j:image

5階まで階段だった事と、酷いバナナがいた事を除けば良い宿です。

f:id:komakinepump:20180715044521j:image

そのしっかりした歯が怖い。

 

晩御飯の海鮮何たらが生臭かったのですが、いっぱい注射を打ったので問題ないでしょう。

f:id:komakinepump:20180715044658j:image

一口目から「あっこれアカンやん」って感じだったので、唐辛子をかけて誤魔化して最後まで食べました。

 

 

朝早くから行動すると1日が長いですね、疲れるだけなので、毎日昼から行動で僕は十分です。

 

 

それでは。