こまきねポンプの漢2人旅

写真撮る人と未来の宇宙飛行士の、世界一周日記ブログ。

ジョージアへ到着し、この素晴らしい国に惚れ込んでいく話

ありがとうございます、石崎です。

 

ウクライナ、キエフの観光を終え遂にジョージアへ。

f:id:komakinepump:20180807215710j:image

空港でイギリス人と仲良くなり、一緒に市内までバスへ行くことになりました。

 

彼は到着した空港で一杯ビールを飲んで、顔は真っ赤でベロベロ状態に。

お酒弱いのに大好きらしい。

f:id:komakinepump:20180807215723j:image

左下が彼。

車内では、バスのお金すらまともに払えないほどグッタリしていて、僕は笑いが止まらない。

着いていきなりそれかよ!

 

大丈夫かと聞くと、早くベッドで寝たいと言い出す。

だから今着いたところだというのに。

 

宿の場所が分からず、途中で降りてタクシーを使うと言い出し、あっけなく解散。笑

 

僕は目的の宿までバスや地下鉄を乗り継ぎ、無事到着。

知らない街でも自由に動けるようになったなぁと自分を褒めると同時に、この街トビリシがとても暮らしやすい場所だとすぐに分かります。

 

f:id:komakinepump:20180807215844j:image

地下鉄。ウクライナと同様100mくらい降りる。そしてエスカレーターが速い。f:id:komakinepump:20180807215849j:image
f:id:komakinepump:20180807215854j:image
f:id:komakinepump:20180807215958j:image

綺麗な街並みだー。

f:id:komakinepump:20180807220034j:image

お宿。1泊300円くらい。

 

いきなり贅沢するのは気が引けたので、カザフスタンからやってくる友達と合流する時に美味いものが食べれば良いと思い、懐かしの大量に入ってる激安パン、バナナ、ヨーグルトを頂く。

f:id:komakinepump:20180809001514j:image

忘れてはいけないのが、自分は貧乏バックパッカーだということ。

原点は常にハングリー精神のスタンスです。

 

実は翌日から、奇跡の出会いをすることになりますが、それはまた次の記事で…!

しっかり観光もできて、内容たっぷりです!