こまきねポンプの漢2人旅

写真撮る人と未来の宇宙飛行士の、世界一周日記ブログ。

エジプトのハルガダへ飛んで、カイロに必死で向かう話

ありがとうございます、石崎です。


楽しかったトルコ旅は終わり、

ここから怒涛の移動生活が始まります。

まずはエジプトへ、ピラミッドを見るために超弾丸で行きます。

f:id:komakinepump:20180828000000j:image

皆で悩んで断捨離をして、荷物をまとめ直しました。旅人はどうにかして荷物を軽くできないかと、いつでも考えています。

 

僕は全然使っていなかった日焼け止めなどを捨てて、断捨離はひとまず完了。

サッカーボールとサッカーシューズが本当に邪魔です。

 

しんのすけはスペインへ飛んだし、太郎と大志さんは出かけていたので、出発時は僕とマナブさんだけでした。


カッパドキア、そしてイスタンブールにも後から来てくれてお世話になった大好きなマナブさん。

 

感動の別れをし、予想通り空港行きのバス車内で号泣。

サングラスをしてこっそり泣くのが僕のスタイルです。

 

f:id:komakinepump:20180828000341j:image
もう空港での流れは完全に慣れて、無事飛行機に乗れるのかなんて心配はなくなり、あっさりとラウンジまで直行。

 

f:id:komakinepump:20180828000407j:image
f:id:komakinepump:20180828000400j:image
ありがたく無料で、軽食という名の本気晩飯を頂き、トルコを去る記念にビールも飲んじゃいました。


そしてエジプト行きの便が遅延。

もともと夜中の出発だというのに更に遅くなってしまい、シンプルにしんどい。

 

贅沢なお悩みなんですが、飛行機に乗りすぎてもうワクワクがありません。

 

どこでもお馴染みの酸素マスクやライフジャケットの説明を受け、もはや僕も前に立って説明できそうです。アテンションプリーズ。

結局離陸から着陸まで爆睡でした。

f:id:komakinepump:20180828000439j:image

3時間もかからずエジプトのハルガダへ到着。

カイロが目的地なのですが、イスタンブールからカイロ行きは非常に高いのです。

 

というわけで、ハルガダという別の場所へ飛んで、長距離バスを使ってカイロへ行こうというプランです。

 

もちろん、バスの予約などしていません。

また、明後日の夜中にはギリシャ行きのフライトがあるので、できるだけ早くカイロに行きたい。本当に弾丸旅です。

 

これからヨーロッパを回ろうというのに、ピラミッドだけはどうしても見ておきたくて、アフリカ大陸を無理矢理ねじこみました。

 

予想通り、ここからがハードモード。

夜中4時に着いたので、タクシーを使ってバス会社がある市街地へ行く必要があります。

 

当然の如くぼったくる運転手たち。

たかだか5、6kmで35ドルだと言ってくるので、「お前はアホか」と交渉を始めます。

f:id:komakinepump:20180828000627j:image

結局5ドルまで下げたところで、同じく客引きに捕まっている欧米人を見かけました。

イギリス人のアリ。

 

とりあえず声をかけると、彼もカイロ行きで僕と同じプランだったので、一緒に行くことにしました。

f:id:komakinepump:20180828000716j:image

彼は無敵のSIMカードを持っていて、タクシーサービスUberを使えたので、割り勘をして200円くらいでバス会社まで移動できました。

 

早速幸先の良いスタートです。

と、思いきや!

f:id:komakinepump:20180828000739j:image

着いたバス会社では、1番早い便で10時出発。

その時は4時過ぎで、6時間も待たないといけない。

 

一刻も早くカイロへ出発したいので、別のバス会社をアリと探し回りました。

f:id:komakinepump:20180828000824j:image

そしてよくわからない会社でなんとか4時半発のバスを予約完了。

リアルになんて読むんだこれ…

 

想定よりも早くハルガダを出ることができてホッとしました。

f:id:komakinepump:20180828000855j:image
f:id:komakinepump:20180828000901j:image

もう朝日が昇りはじめていました。

 

7時間かかるとリサーチしていた移動は、4時半発という早い出発により、6時間でカイロに辿り着きました。

f:id:komakinepump:20180828001031j:image

バスの天井が外れていてバチバチうるさかったです。

f:id:komakinepump:20180828001018j:image

車内からは紅海が見えて美しい景色。

f:id:komakinepump:20180828001026j:image

反対側は未開発の荒地が続いていました。

 

f:id:komakinepump:20180828001450j:image
f:id:komakinepump:20180828001458j:image

カイロの市街地は、マイルドなインドって感じですね。

 

ここでアリとはお別れ。助かったぜ。

僕は予約していた日本人宿「ベニス細川家」へ向かいました。

f:id:komakinepump:20180828001341j:image

ここで、ピラミッドを周るツアーも他の日本人たちと一緒に1000円で申し込み、目的は無事達成できそう。

 

昼ごはんは近くのローカルレストランへ。

コシャリといって、米とパスタが入った炭水化物の塊に、玉ねぎやら少しの具材とトマトソースをかけて頂く1品。

f:id:komakinepump:20180828001409j:image
f:id:komakinepump:20180828001417j:image

これ、ボリューミーでめちゃくちゃ美味しいです。25エジプトポンド(130円)

また絶対来ると宣言しました。(その日の夜に早速行きました)

 

世界一周をしている人たちがやはり多く、いつも色んな刺激をもらいます。

 

明日は念願のピラミッドへ。

どんなエネルギーを感じるのでしょうか。